教授:落合 恵美子

所属:文学研究科 教授

近代家族論とその枠組みによる戦後日本家族変動論、現代日本とアジアにおける家族とジェンダーの変容の比較社会学的研究、徳川時代の宗門人別改帳を用いた歴史人口学的分析による「家」の成立過程の解明等に携わってきた。近年はケアなど人間の再生産のために必要な活動を社会科学の対象として位置付ける理論枠組みを中心に研究している。

 

 

専門分野

家族社会学、歴史社会学、比較社会学、ジェンダー論

現在の研究テーマ

家族・福祉国家・国際移動研究の統合により、ケアなど人間の再生産のために必要な活動を社会科学の対象として位置付ける理論枠組みの確立を目指している。

主要な研究業績

著書・編著書

・近代家族論

『21世紀家族へ(第4版)』(有斐閣、2019年)

《21世纪的日本家庭,何去何从》(郑杨译、2020年刊行予定)

The Japanese Family System in Transition: A Sociological Analysis of Family

Change in Postwar Japan (Tokyo: LCTB International Library Foundation, 1997)

『21세기 가족에게: 일본의 가족과 사회』(서울:양서원、2004)

『근대가족 길모퉁이를 돌아서다』(동국대학교출판부、2012)

 

・歴史人口学

『徳川日本の家族と地域性―歴史人口学との対話』(編著、ミネルヴァ書房、2015年)

『徳川日本のライフコース―歴史人口学との対話』(編著、ミネルヴァ書房、2006年)

『歴史人口学と比較家族史』(共編著、2009年、早稲田大学出版)

The Stem Family in EurAsian Perspective (co-editorship with Antoinette Fauve-Chamoux, Bern: Peter Lang, 2009)

 

・家族・ジェンダー・ケアの比較社会学

『親密圏と公共圏の再編成―アジア近代からの問い』(編著、京都大学学術出版会、2013年)

『アジア女性と親密性の労働』(共編著、京都大学学術出版会、2012年)

Transformation of the Intimate and the Public in Asian Modernity (co-editorship with Hosoya Leo Aoi, Leiden: Brill, 2014)

Asian Women and Intimate Work (co-editorship with Kaoru Aoyama, Leiden: Brill, 2013)

『アジアの家族とジェンダー』(編著、勁草書房、2007年)

Asia’s New Mothers: Crafting Gender Roles and Childcare Networks in East and Southeast Asian Societies, (co-editorship with Barbara Molony, Folkestone: Global Oriental, 2008)
《亚洲社会的家庭和两性关系—中日韩新泰(五国六地)实证和比较研究》(落合惠美子、宫坂靖子、周维宏、山根真理编著、世界知识出版社、2010)

論文・本の一部

2019  “The Logics of Gender Construction in Asian Modernities,” Jieyu Liu and Junko Yamashita eds., Routledge Handbook of East Asian Gender Studies, Routledge.

2019 「『アジア』と『日本』の再定義―隣人と共に考えるための知的基盤形成」『社会学評論』70-3:200-221.

2019 「親密圏と公共圏の構造転換―ハーバーマスをこえて」『思想』4月号 146-166頁 岩波書店

2018 「つまずきの石としての1980年代―「縮んだ戦後体制」の人間再生産」アンドルー・ゴードン・瀧井一博編『創発する日本へ―ポスト「失われた20年」のデッサン』弘文堂 95-135頁
2014 「近代世界の転換と家族変動の論理:アジアとヨーロッパ」『社会学評論』64-4:533-551.
2014 「アジア比較研究の3つのチャレンジ:ケアレジーム研究の発達を通して」『福祉社会学研究』11.
2014 “Leaving the West, rejoining the East?: Gender and family in Japan’s semi-compressed modernity, ” International Sociology 29: 209-228.
2012 “The Struggle against Familialism: Reconfiguring the Care Diamond in Japan,” (co-authorship with Aya Abe, Takafumi Uzuhashi, Yuko Tamiya and Masato Shikata) in Shahra Razavi and Silke Staab eds., Global Variations in the Political and Social Economy of Care : Worlds Apart, New York and London : Routledge.
2011 “Unsustainable Societies: The Failure of Familialism in East Asia’s Compressed Modernity, ” Historical Social Research, 36 (March) :219-245.
2011 “Love and Life in Southwestern Japan : the Story of a One-Hundred-Year-Old Lady, ” Journal of Comparative Family Studies, 42-3 :399-409.
2009 “Care Diamonds and Welfare Regimes in East and South-East Asian Societies: Bridging Family and Welfare Sociology,” International Journal of Japanese Sociology 18: 60-78.

学術賞等

・第14回山川菊栄婦人問題研究奨励賞、 1994

・第2回日本人口学会普及奨励賞(速水融編『歴史人口学と家族史』

藤原書店により共同受賞)、2004

・Outstanding Book on Asia Award (presented by the Asian and Asian-American Studies Section of the American Sociological Association) Tommy Bengtsson, Cameron Campbell and James Z. Lee eds., Life Under Pressure: Mortality and Living Standards in Europe and Asia, 1700-1900,the MIT Press により共同受賞、2005

・Choice Outstanding Academic Titles 2014 (アメリカ図書館協会/大学・研究図書館協会)Asian Women and Intimate Work (青山薫と共編、ブリル社)により受賞、2015